ブサメン彼女作り方は笑顔と清潔感で7割解決

ブサイクで女性から好かれたことがないでも彼女が欲しい

自分は自他共認めるブサメンだから、彼女を作るのはハードルが高すぎて一生このまま付き合えない人生を送るんだろうと絶望している。

ジャニーズのようなイケメンに生まれれば、彼女を作るのは確かに簡単かもしれません。

しかしブサメンであろうと工夫さえしてしまえば彼女を作ることは十分可能です。

特に笑顔の練習や、小綺麗にしておくこと、ある程度トーク力を磨くだけで女性との接点が増え、見事付き合うことができました。その方法についてアドバイスします。

ブサメンの共感

  • 人生いきなりハードモードで彼女をつくるのは大変
  • ブサイク芸人の南海キャンディーズの山ちゃんでさえ美人女優をものにできました

ブサメンで彼女ができない原因

  • 極端に自分に自信がない
  • 身だしなみが悪い、不潔
  • いつか自分にも空かからかわいい女性が降りていくるというラピュタ症候群を患っている
  • 女性との接点が少なすぎる

自分がブサメンだと感じているかもしれませんが、まずは小綺麗にしてみることから始めてみてください。

小綺麗にするというと、余りにも抽象的で、何をやったらいいかわからないと思いますですから、この部分だけはきちんとやっておくということを三つほど紹介

眉毛は整える

基本的にブサイクだなぁと思える人の特徴は、眉毛がそのまま生えっぱなしという状態。

例えて言うなら家はきれいなのに、庭の草がボーボーな状態となっているということ。

眉毛をいじるなんてゲイっぽくないですか

と言いますが、そんなことはありません、ほとんどの男性は眉毛をある程度手入れしつつ自然に持たせているんです。

はじめての眉毛手入れは床屋かamazon

いきなり眉毛の手入れをするのはどうやっていいかわからないと思う人は床屋に行って眉毛の手入れもついでにしてもらうことをおすすめします。

次にやってほしいのは眉毛手入れキットをAmazonで購入。

ある程度練習してみる失敗したなと思ったらその時点で放置しまた数日しておけば勝手に生えてきます。

やり過ぎてしまうと昔のヤンキーみたいになってしまうのではじめのうちは経験によって培っていくようになります。

まずは無駄な眉毛の場所をカットして早すぎている場合は少しカットするそしてピンセットで抜くやカミソリで余分なところを剃るというようにやれば清潔感のある眉毛となります。

眉毛の型枠もあるのでそれに沿ってやるというのもおすすめ。

一のうちは慣れずに失敗するかもしれませんが、数をこなせばものの数分で手入れはできてしまいます

髪の毛はサイドや襟足のボリュームを減らす

髪の毛は月一最低でも2ヶ月に1度はカットする、特に髪の毛においてはサイドがボリュームあると不潔な感じになってしまいます。

1000円カットでもいいのでサイドの部分をしっかりカットしてもらうかすいてもらうようにすると清潔感をアピールすることが可能。

小綺麗な格好にする

小綺麗なカッコというのは、自分の体にフィットした服を着るということです。

想像してもらうのはスーツに行って自分の体型に合ったオーダーメイドまたはセミオーダーになっているとピシッとしている印象を受けると思います。

これを私服にも応用すればいいだけ

服を買いに行くと何回か試着して自分の体にちゃんと合っている服を選ぶようにしましょう。

太っているからといってオーバーサイズの服を着たり、ダボダボのパンツを履くとダサさや不潔感を出してしまうので注意。

靴は常に綺麗にしておく

足元を見られているというように特に足元の清潔感も重要です。

使い古したボロボロの汚れたスニーカーではいくら顔がおしゃれでも魅力は半減します。

決して高い靴を変えましょうといってるわけではありません。

ちゃんと手入れされた綺麗な靴を履くことによって足元の綺麗さを演出させることができるでしょう。

ブサメンだけど彼女を作る解決

  • 自分を好いてくれる女性はまずいない、自分が相手を喜ばす
  • 相手を楽しませること
  • 身だしなみは良くする、髪型がファッションでいくらでもカバー可能
  • 臭いはしっかりとケア
  • 歯の治療
  • 女性との会話をまず数をこなす
  • マメであること、ただししつこいのはNG
  • 共感力を持つ

小綺麗にすることは対人関係において一番重要なことですが、次にやるべきことは女性との会話やメッセージでしっかりとキャッチボールが出来ている共感力を磨くトレーニングをしてみましょう。

これはべつに普通に会って話すだけではなくて、SNSやマッチングアプリを利用するだけでもオッケー。

要は自分がメッセージを送って相手から返信がもらえるということをまず合格ラインに持っていくということ。

メッセージのやり取りは人同士の意思疎通ができている証拠

返信があった、レスがあったということは、つまり自分の言葉や気持ちが相手に共感し、帰ってくるということ。

これを何度かトレーニングしていけば自然と相手の気持ちを理解し、どう行動すれば相手に喜んでくれるかということがわかってくるはずです。

初めは何でこんな面倒くさいことをやらなきゃいけないんだと感じるかもしれません。

数をこなせばこの子は今こんな風に感じているんだろうなという見当もつきやすくなるようになります。

初めのうちは面倒臭いかもしれませんが続けて見るだけでも将来のスキルアップにもつながります。

マメになる

ブサイクでもモテる人というのは本当にマメな性格です。

特に気遣いがすごく良く、常に相手に対して、喜んでもらおうと行動しているような人、カウンターの上に食べ物が置いたら彼女のために取ってあげるとか、席をエスコートする時も一番座りやすいところにS誘ってあげるなど細かい気遣いがとても良く出来ています。

笑顔の練習をする

ブサイクでもモテる人というのは笑顔がとても素敵な人。

笑顔が気持ち悪いよと思われている人もいるかもしれません。

しかし笑顔こそ最大級のコミュニケーション。

お店に入ってニコッと笑顔になってくれるだけで安心感を覚えますよね。

それと同じです。

普段からムスッとしているよりニコニコしている方が印象は良くなります。

今自分の笑顔を見て気持ち悪いと思っているかもしれませんが、鏡の前でニコッと満面の笑みを浮かべてみるトレーニングをしてみましょう。

表情筋のトレーニングもなり、顔の筋肉がこわばりをなくし、自然な笑顔になりやすくなります。

ブサメン彼女作り方まとめ女性との接点を増やす

以上のことが最低限やるべきことでさらに女性との関わりを増やすということをやらなくてはいけません。

いきなりナンパしろとかというのはハードルが高すぎて頭からマッチングアプリや婚活サイトにエントリーすることをオススメします。

女性も男性と知り合いたいという機械を持っているわけで一番効率がいいやり方ですブサイクでも自分の写真を撮るとき満面の笑顔で写真を撮ってみるだけで印象は大きく違い

この人いい人そう楽しそうと思われるでしょう。

確かにハードルは高いかもしれませんが自分を気に入ってくれる女性は少なくありません。

とにかく自分のことを気に入ってくれる女性を数打って探すブサメンでも彼女を作るためにはこれぐらいはやらなくてはいけないので徹底しましょう

一緒に手をつないで歩いてくれるパートナーがかならず見つかります。